脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳って不思議なことがいっぱい

思った瞬間に...

あっ!!

 

おはようございます

 

今日は土曜日..少し風がある日ですがさわやかな一日になりそうです

 

今週一週間はどうでしたか?

僕は、また新たな発見があるとともに自身の気を付けるべき点も発見することができました。

5月なのですが、五月病ということはあまりなさそうで先日も記事にした「夢ノート」なんですが、パッと思いついたことをその時に書くってことは実に重要だと気づきました。あとでやろうととか書こうとか思ったとしても実際に後から書こうとすると、その時のモチベーションとは違い、あまり意識が薄れてしまうことが多いからです

 

僕の夢ノートには夢というよりかは ”やってみたいこと”をまずは書いてみています

出来そうなことを書いていくのは大前提ですが、(総理大臣になるとかはまず不可能でしょう)

 

今の環境でできそうなことをどうしても書いてしまうのですが、今の環境ではなかったらどんなことを書いているのでしょうか

 

少し無理そうな目標の方が意識が高まるので書いてみたりするといいですね

出来ないと思ったら少し緩めたりして物事を客観的にみたりするのもいいですね

 

普段からメモだったり携帯のメモ帳に書いてみたりするのもいいと思いますよ

夢と目標ってどう違うの?

私も答えられないです...

 

おはようございます

 

生きる中で何か希望となるものはありますか?

 

それが夢なのか目標なのかはわかりませんがその前に夢と目標の違いって何でしょうか

 

夢を調べると睡眠中に見ることがある現実の世界ではないことの夢だったり「政治家になるのが夢」という答えだったりとありますが一般的に考えられている「私は〇〇になりたい」など大きな一つの表しといったところでしょうか

 

夢というのは、具体的な経緯がない最終的な創造の姿という感じでしょうか

 

そして目標はどうでしょうか

 

同じく意味合いを調べてみると行動を決めるにあたって実現、達成を目指す水準となるものと書いてありました

 

目標と聞くとなんだか日常的に使われている言葉で数字的に示すことが多いので安心感がありますね

具体的に話しますと

「今月の夢は売上を○○にすることです」ってなんだか変ですよね....

 

「今月の目標は売り上げを○○にすることです」の方が日常的で言葉としてはわかりやすいですよね

 

つまり夢という単語は個人の単位でしか過ぎないのです。複数の中で使われる言葉ではなさそうですね。最初からわかっていましたね....毎日小さなことでもいいので目標があると脳のモチベーションや心の栄養にもつながるので探し出して行動できればいいですね。私は以下の本に出合ってから中に書いてあること実践することによって達成できた部分があります。あくまでも個人の価値観ですので..

f:id:pronyan988:20180515060812j:plain

思い込みは好材料

思い込みは悪い事ばかりではない

 

おはようございます

 

毎日生活する中で、自分が勝手に答えを決めつけてしまっていることはよくあるがなぜそうなるのか日々の疑問から考えてみたいと思います

 

まず思い込みが起きる要因として非現実的な答えなどはありえないという思いが大半で答えを決めてしまい行動をふさぎこんでしまいます

どういったことかといいますと、「時間が足りない」「今までもそうだったからこうなるに決まっている」などとそれまでの自分の価値観と照らし合わせてより新しい答えに結びつかないと今までの知識や経験などで決めてしまいます

 

「今までこうだった」という答えは考え方1つでは実にもったいないことが多い

それにより自分の立ち位置などが決まってしまうという考えが勝手に予測されてしまい「こうであったが別の考え方もある」という考え方には到底予測できないのである

これがネガティブな思考をもたらしてしまうのだ

逆に、それまでの考え方を一変することができれば思い込みは好材料ともなり行動を促進することもできる。

つまり思い込みは、ネガティブな一面も考えられることもあるが常識などにとらわれずに自分の考えが確立し行動ができると思われる

偉大な人や革命を起こす人などはこの思い込みが好材料となり好機に発展している人が多い。なので思い込みは決して悪い事ばかりではないので常識にとらわれずに答えを突き詰めていくのも悪くない

楽しいことを探すとき

悲しくなることをわざわざ探す人はそんなにいない

 

おはようございます

 

連休も終わり今日から今まで通りというか世間一般の人たちと同じような生活を送るのであるが、うんざりする人もいれば楽しみで仕方ない人もいたりと様々であるが、例えば会社や学校へ行く人であれば自分の心の置き位置を少し変えてみることによって楽しくなかったことも意外に楽しさが見つかることもあり、それまでは自分の考え方が変わらなければ見つからなかったことに気づきより行動に起こせれるようになります

 

「あーあ、なんだかおもしろいことないかなー」と思ったりするのは普通の事なのです

反対の「悲しい事ないかなー」なんてい言う人は周りにいますか?

居たら少し考え方が正常ではないかもしれませんね

 

なので毎日の中でふと疑問に思ったりすることは考え方1つで楽しさの素となることもあるのでそのままにしておくのはもったいないですね

なぜゲーム感覚だと楽しいのか

娯楽とゲームの違いはなんだろうか...

 

おはようございます

 

世間一般ではゴールデンウィ―クが今日で最終という人も多いのではないだろうか

 

昨日は、子供の日ということでどこも人がいっぱいというのは昨日に限ったわけではないが長年の友達とアミューズメント施設へ行くことになりカラオケだったりメダルゲームだったりアミューズメントで遊んだりと1日の大半の時間を費やした

特にカラオケにおいては何年ぶりということもあってとても新鮮な気持ちになり気分も上々。途中から採点機能を付けてみたりしたが実に点数が低い......これは点数が低い人にありがちな自分の好きな歌ばかりだとか自分の声の音質にあっていない曲をセレクトすると結果的にこうなってしまう。昨日の場合は、厳しい採点機能があったものをセレクトしたので余計にわかった。これを機会にボイストレーニングでも学びに行こうかな

 

そしたら少しは魅力ある声になるかも!?

 

個人的な1日の内容はここまでにしておいて、思いっきり娯楽施設だと非現実的な日常が待ち受けているので社会的なストレスなどを忘れさせてくれる場所である。これを日常的なことに置き換えるとするとゲーム感覚で仕事などを楽しむことができればもっと仕事が好きになるかもしれない。

このように切り出すと、大抵の人は反発する

「仕事はゲームなんかじゃない」「感情を弄ぶことはおかしい」などと

そう思うかもしれませんが、単にだらだらやって今一つ成果もないことをやるよりは何かしら時間制限をわざと設けてみたりそれに対する自分の評価をしてみたりとすることによって自分への自信が強くなる

それによって過剰にストレスを感じるのであれば辞めればいいわけだし、仕事においてもブラックだと決めつけてしまい嫌になったりするわけですべては自分を試す機会でもあると私は思う。

 

毎日のやることリストなどを決めるのもいい。それが1つでも出来たらシールを張るとか丸を付けるとかでもいい。それが多ければ多いほど物事に対する判断が早くなる。(時にいい加減な判断になってしまうこともあるが)

毎日をどうやったら楽しく生きれるかは自分次第!!

できない5分よりもできる5分へ

簡単なことを選択するのが逃げることではない

 

おはようございます

 

今日は曇り空ですこし湿度も高く部屋の中では息が苦しくなりそうです

 

難しそうなことをするってのは脳を使うことなので成長するという意見は確かに正解なのですが、それが苦痛になりストレスとなり継続という形にならなけば意味がないと私は思います。

簡単な5分は慣れてくれば自然と継続できるようになり出来もしない5分は苦痛で継続が困難になってしまいます。なので周りがどういおうと自分でしか身に着けることができないのでできる5分は続けれるといいですね

突然の雨に惑わされる

人間は右往左往してしまう

 

おはようございます

 

本日も晴天で湿度もなく過ごしやすそうな気温でありがたいのですが、昨日15時過ぎた頃でしょうか.....外で作業をしていたらポツポツと降ってきたのですぐさま撤収作業へ。荷物を全部中に入れたかと思ったら雨が上がりました....なんてことはよくあるのですがそれだったのです。にわか雨ということだったみたいですね。雨が降ると大体の人は気分的に嫌になったりしますが、雨が降ることによって考えれることがあるので全部が全部だめなわけではなさそうですね

 

もうすぐ梅雨時に入るのでこんなことも言ってられないかもしれませんけどね

 

 

 

広告