脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳について学ぶともっと楽しい人生を迎えるチャンスが巡ってきます

早起きは、3文の徳!?実は、もっとお得!!

おはようございます

栗本です

本日も記事を読んでいただきありがとうございます

突然ですが、あなたは早起きですか?

 

仕事や生活感の違いは別として

 

そもそも、早起きは何時からが早起きなのでしょう.....

 

いろいろな本を読んでいると、おおよそですが5時代に起きるのが早起きと呼ばれるそうです

 

例えば、一般的に会社員や学生さんの多くは、始まりの時間が8時か8時半くらいだということがほとんどですね

主婦の方でも、家族の時間に合わせて起きているのでほぼ同じか少し早めに起きているのではないでしょうか

 

大体、これら考えますと始まりの時間の3時間前くらいが理想ということです

「早起きは三文の徳」ということわざの意味からなのですが、早起きをすると、なにかいいことがあるということ

三文は昔のお金のことで、現在の価値にしたらどれぐらいかといいますと

 

 

 

わかりません.............

 

ほんの少しだけというぐらいらしいですが

早起きが苦手な方の傾向をまとめてみました

  • ギリギリの時間まで寝て起きて飛び出すように行動している
  • 寝る時間が不規則である
  • あらかじめ1日の予定を考えて過ごしていない
  • 睡眠が大事だと言い張る

などなど、個人の意見や家庭環境にもよるので一概にはいえません

  • 緊急性の仕事についている
  • 仕事のシフト時間が一般的な勤務時間とは違う
  • 介護を要する家族がいる
  • 子供の夜泣きがある

あくまでも一般的な生活スタイルを基準とした意見ですのでご了承ください

 

睡眠は人生の三分の一近くが寝ている時間と言われています

1日は24時間ですので8時間ということになりますね

「そんなに寝なくても大丈夫だよ」

「そこまでの時間が確保できない」

「仕事が忙しすぎて」

気持ちはわかります

私自身も、体験してきたことですから.....1日1時間睡眠の生活がありましたから

 

だからこそ知ってほしいことをお伝えしたいのです

今日の記事のタイトルですが、早起きをすると脳に刺激がいいといいます

ラジオ体操が身近だとそうですね

昼にラジオ体操やります

夜にラジオ体操やりますっていわないですよね

なぜ朝なんでしょう

朝から、体をほぐしたり脳を使うことによって就業時間や授業の時間までに落ち着きを持たせることができます

頭をフル回転させることによって1日のスタートが変わります

脳を目覚めさせるには、熱いシャワーだったりコーヒーを淹れたりといろいろあります

勉強をするのもいいでしょう、読書をするのもいいでしょう

朝からなら遊びの誘いも来ませんし

もしも、改善したいのであれば自分の生活が何をしているのかから分析して睡眠のためにこれは省いてもよいという時間を見つけ出すことから始めましょう

たかが早起きされど早起きですが、わずかな時間の中に人生を変える大きなヒントが

あります

すでに実践している人は、違いをわかっているはずです

どれだけの効果を生み出すかわからないのです

無論、今の生活が自分の最高潮の生活スタイルだといえばそれまでですが

 

早く起きて学ぶことがもっとも近道なのかもしれない

 

 

 

広告