脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳について学ぶともっと楽しい人生を迎えるチャンスが巡ってきます

やりたいことのみつけかた

やりたいことやれていますか?

こういわれるとうーんて答えてしまう 栗本です。

 

今日は、携帯から投稿しています

 

やりたいことの見つけ方などの本はたくさんでています

 

実際に、今の仕事がやりたかったこと毎日生活する中で、やりたかったことなんだろうか

 

体がそれに慣れてくると自然体で構えれるようになりそれが合ってると思うことが非常に多い

実はそこに落とし穴があると私は思う

 

なんとなく幸せと感じたり居心地が良いのは慣れがあるからでないだろうか

 

まずは、紙とペンを用意して自分がやってみたいことを書いてみよう

 

1個もかけない人もいれば100答えてしまう人もいる

そこから、極端な現実に無理なことは避けて書いた答えに対して何故なのか、その先にどういった感情を味わいたいのかを潜在的欲求を掘り下げてみよう

 

例えばお金持ちになりたいとする

年収1億稼ぎたいとしよう

そうすると毎月、約800万ちょっとだ

そうすると、1日辺り26万円だ

そして1日26万あればどんな事ができるだろうか

毎日外食はできる

リラックスするためのお金にあてたりできる

支払いに困ることが軽減される

など、色々あるわけで

つまりゴールから逆算するわけである

増えたらいいなぁと思っている間はなにも変わらない

今のは数字としてみた場合に限った話で、やりたいことは段階を得て積み重ねていくものである

そんなことわかっているわと言われるが、実際に独断でやってみたりして空回りしている人をよく見る

 

どこに投資をするかによって人生のやりたいことにどんどん遅れが出てくる

 

もしもやりたいことがあるなら頭から湯気がでるくらい情報を取り入れどんどんアウトプットしていってみるとよいでしょう

やりたいことは1つだけではないこともわかってくるでしょう

広告