脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳について学ぶともっと楽しい人生を迎えるチャンスが巡ってきます

金持ち脳と貧乏脳の違い

お金持ちになりたいのは誰にだってある

 

こういった話をすると必ずと言っていいほど、批判をしてくる人がいる

 

お金だけがすべてではないよといってくる人

 

果たして、それはどこから根拠が生まれるのだろうか

 

聞いてみたい

 

 

決してお金で全てを買っているわけでもないし踏みつぶして成り上がっているわけでもない

 

 

日本人は特に真面目な人種で周りと同じことをしていると安心感も生まれ人と違うことになかなか足を踏み入れようとしない

 

つまりそれが洗脳である

 

人と違うことをしたらおかしいのでは?

 

いえ全然そんなことありません

 

お金を稼ぐ人は具体的にその先にある目標が見えているわけです

 

貧乏脳とはお金を使うことだけしか考えていないです

 

今はエスカレーター式のような時代は影もなく、それどころかどんどん仕事はなくなりリストラが多い時代

 

生活の為にと言っている時点で、働いている意味がないのではと思ってしまう

 

それは、会社に入るときの”志望動機”が理由の一つである

 

生活の為に会社に入るといったことがある人はいるんだろうか

 

そこから基盤がずれているといってもいい

 

やりたいことがあって、お金を稼ぐのが本来正しいのにいつの間にか何のために稼いでいるのかわからなくなっている人が非常に多い

 

会社員でリストラをされないように一生懸命頑張るのは、当たり前かもしれないがそんなことにいちいち気を使って人生の舵を取っていくというのは非常に危険な考えだ

 

一層の事、丸裸で放り出されて一から自分で稼ぐ力を身に付けた方がよっぽど自分の為になるかとおもう

 

いくつになっても稼ぐことはできる

 

問題は稼ぐ方法はあるけど、稼いでどうしたいのか?ってことだ

 

例えば1000万稼ぐことは大体の人はできると思う

 

稼いでどうしたいか?ってこと。やりたいことがあるかどうかがないのなら稼ぐ必要もないし

 

もっと自分の潜在的欲求について考えてみると、稼ぐ必要についてもっと真剣に考えることができるはず

 

 

広告