脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳について学ぶともっと楽しい人生を迎えるチャンスが巡ってきます

高いパフォーマンスな脳を作るためには

今からでも脳は変えられる

 

おはようございます

 

今の脳力で満足していませんか?

 

この言葉にハッと気づいた私は今年に入ってから脳科学と心理学を中心に勉強し始めました。

 

途中に出会った石井 貴士先生の「1分間速読法」に出会ってから本の読み方の意識が変わり200ページくらいの本を1分間で読めるようになってきました。とは言っても、石井先生のセミナーに参加していないので完全にできたとは言えませんが。」

 

そのおかげもあってほとんどの本がすらすらと読めるようになり時間の節約に成功しつつあります。セミナーに参加するまでは自分で成功したと思いたくありません。

 

高い技術を持ってる人はそれなりの運もありますが、意識していることが一般の人と違っていて長けているだけです。

 

日常の中でどんなことかといいますと、一分一秒を意識している事だったり常に勉強をする時間を作り出し更に結果を残したり。私はそこまでトップビジネスマンではないのですが、意識することは誰にでもできることでことであります。

 

時間がかかりすぎてしまう原因の一つとして「感情」が入りすぎていることがあると私は色々な角度から見て思いました。自身の経験もあるのでそこに気づいたわけですが

 

一見、無感情は血も涙もない奴と思われがちですが結果をどうしたいかだけを考えているのでその過程はさほど気にしません。

 

私は、何かで始めたいことがあったら独学では学ばずに一流の方から学ぶように心掛けています。独学でやると達成感はありますが寄り道ばかりで一流の方から学んでいる人と同じスタートをしても時間も能力の差が見えています。

 

なので、自分が問題が見えて来たら自己責任が自己解決と決めずに経験を持った人から学ぶことをお勧めします

広告