脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳について学ぶともっと楽しい人生を迎えるチャンスが巡ってきます

継続は力なりというのはどのタイミングでわかるのか

何年やっても変わらないと思いがち

 

おはようございます。

 

今週は曇り空の天気が続いて肌寒いです

 

継続は力なりという言葉がありますよね

 

何かの時に続けてきてよかったと思う瞬間ってありますよね

 

例えば部活でくじけそうになったけどあきらめずに続けてきた結果上位の成績を収めることができたり、資格を持っていたり専門的な知識をもっていて人から評価された時とかに続けてきてよかったと思うことってあると思うんです

 

逆にこんなことをいつまでも続けていていいのだろうかと思うこともあるはずです

自分の性格上では変えられないと思い込んでいることが多いです

 

気づいたらこんなにも続いていたことがあるかと思えば、気づいたらここまでずるずる来てしまった

 

この2択の考え方しかないと思ってます

 

例え今自分のやっていることが評価されにくい事だったり批判されることがあったとしてもやりたいことがあるのなら続けるべきです

 

人は表には出さないが評価をされたい生き物です

自分の事をみてくれていないと思うということは何か自分の中でやましい心があるからそう思うわけです

 

わかりやすく言えば人から評価されたいから、何かをしているわけではないはずです

 

学校は東大だとか仕事はエリートコースだとか、もちろんそれがやりたいことならいいことですがそれを武器にして権力を振りかざしてもなんも意味はないです

 

何を続けるかは自由です。少なからず目の前にある評価というぶらさがりを追いかけるだけの人生は自分は嫌だなあって思います。

 

あなたが続けてきてよかったなあと思うことがあれば教えて下さい

広告