脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳について学ぶともっと楽しい人生を迎えるチャンスが巡ってきます

覚えることは苦手なようにできている!?

♪怖いくら~い覚えているの~

HYの366日でした

 

おはようございます。

 

毎日が寒くなってきました

 

風邪などひいていませんでしょうか?

 

うちの母親は、プチ風邪気味みたいです。どこから病原菌を貰ったかはわからないですが、移されないように気を付けないといけないですね。そして、帰ったら手洗いうがいを忘れずにしていきたいですね

 

さて人間の脳はやはり不思議なことばかりで覚えることは苦手なようです

 

それもそのはず、その要因としては繰り返して行わないからです

 

f:id:pronyan988:20171006055912j:plain

画像を検索すればすぐに出てきます

 

では、今あなたが特別な障害ではない限り自分で考えて伝えたり動作をすることができるのは何故なんだろう.......いつのまにか当たり前になっているからそれが普通だと思っているはずです

 

赤ん坊が10か月を過ぎると歩こうとするじゃないですか(もっと早い人もいれば遅い人もいますが)

 

なんで歩こうとするのが当たり前になっているのか

 

それは人間本来の向上のメカニズムが最初から備わっているからです

 

だから歩こうとするわけです

 

これを先程の話で考えてみると、向上するメカニズムはあるのだけれど同時に繰り返し覚えようとしないと忘れるようにできているということが考えらえます

 

「覚えるのが苦手だから自分には無理」って最初からあきらめていませんか?

それに付け加え「今の自分には重要性がわからないからしない」って人も多い気がします。実際に24時間しかないので生活していくための行動と労働をしたら大体は一日が終わってしまいます。

 

今生活するうえで簡単な作業だったり難しい作業だったりするかもわかりませんが、体が覚えているのは何故なんでしょう?ここですよ!ここに答えがあるわけです

 

向上するメカニズムがあるのだから繰り返し覚える努力が必要であるということです

 

もし今あなたが何かに取り組もうとしているのだとしたらそれはとても素晴らしいことだと思います。例え、簡単なことでも取り組む姿勢がやがて「経験」になります

 

結果を良い方向を得られるようにしているわけですから、残念な結果が出たとしても全てが終わったわけでもありません。

 

今こそ新しいことに取り組んでみませんか?

 

広告