脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳について学ぶともっと楽しい人生を迎えるチャンスが巡ってきます

プランBのパターンも頭に置いておく

ウソや言い訳も時には必要?

 

おはようございます。

 

もしも〇〇になったらどうする........という考えは良いことであっても悪いことであっても考えている証拠だと思います

 

良い意味でのパターンBと思われるもの

  • 仕事上で行き詰ったとき作戦変更
  • 渋滞で道を回避する
  • 誰かに話をもっていく時に別の案件も頭の中に入れておく
  • 仕事を辞める&学校をやめる......習い事をやめるとか
  • 借金をする

 

悪い意味と思われるパターンB

  • ウソをつく
  • 浮気の言い訳を作っておく
  • 往生際が悪い(負の連鎖)

悪いことの方があまり思いつきません

 

では良いパターンの方から見ていきましょう

 

仕事上や渋滞と言った結果に対してのパターンBは日常においてよく身に覚えがある傾向ではないでしょうか

 

上司や得意先に話をもっていく時にも「こんな意見がでたら次の案件を持ち掛けてみる」とかも有効ですね

 

最後の赤字で借金をするということは、当然ですが資金繰りができないためにお金を借りるということですから一方の意見ではだらしないとかマイルールができていないという見方が強いはずです

 

ですが会社を作った人はどうでしょうか......お金をためて資本金を作った人ばかりでしょうか。決してそんなことはないはずです

借金はできるだけない方がいいですが、選択としては良いはずです

 

 

では悪いパターンと思われる方を見ていきましょう

ウソをつく......これはうその内容にもよりますが虚無の事実をしたり人をだましたりといったことですね。いわゆる”発覚”という言葉が当てはまるかと思います

 

浮気でばれそうになったから言い訳を作っておく。多いですねこの手の話は.....

 

往生際が悪いのは、認めないパターンを作っておくという最も嫌なパターンですね

 

ウソも愛情とか聞きますが、うーんとなりますね.....

 

対策というのはどちらの意味もあります。ダメなら次の手を打つというメンタルがあればどちらの方向に結果が出ても答えは出せます

 

ストレートだけではなく変化球を繰り出せるようにしたいですね

 

思うことにならないのが人生ですから、しっかりと悪くならない対策をしておくことですね

広告