脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳について学ぶともっと楽しい人生を迎えるチャンスが巡ってきます

ワクワクした毎日を送れていますか

必死に生きるのは当然という答えしか返せないのが現状

 

こんばんは

 

週末の夜ですね

 

夕方には整体に行って帰ってきたら気分もスッキリしました。やはり専門家の治療とだけあって病院よりも全然いいです。薬は一時の気休めが多いですから。元から改善しないとだめですね.......とはっきり言えますのは答えとして出ているからです

 

これは日常の事にも言えることなんですが、ワクワクした生活を送るためにはその元から考える必要があります。「ワクワクするのにはお金は必要じゃないか」

はい。たしかにそうです.....ではお金を手に入れたら行動できるのでしょうか

 

答えとしてはできない人が多いです。何故なら、お金を必要とすることに恐怖心を抱いているからです。いわゆる リスク を感じるからです

 

会社員であればリストラされない限り会社の決められた給料設定の中から行動を迫られるからです。大半の人は、会社に対して何らかの不満を持っています。中でも上位を占めるのは給料設定です。慣れてしまえばその中から生活をやりくりするように心掛けるので自粛といったり身の丈にあったといいます。

しかし、表にはださないのに不満があるっておかしくないですか?

 

それなのに身の丈にあったとかいうって無理やり自粛していることにしか思えません。

反対に浪費しろとは言ってませんが、行動もしないのに不満を言うって方がおかしいと思わないことが行動している人からみるとおかしく思えてしかたないのです

 

だからいつまでたっても世の中の大半の意見の中にいることが何よりもリスクヘッジな生き方だと思っているんです。

 

ワクワクすることは何もお金ばかりを必要なわけではありません。子供が遠足にいくのにワクワクする気持ちがあるように大人にもワクワクするようなことはあります。

代表的なのは祭りですね

 

言わば人生は毎日が祭りに近いぐらいワクワクすることを大半の人は望んでいるのです

 

特に大人になり自分で行動できるような人にはワクワクする権利があるのに不満をいうのは実につまらない人生を選択しているなあって思います。

 

私も、ワクワクしたいと思ったので色んなことに目を向けれるようになりましたし、実際に行動に移しお金も使うようになりました。

 

この読んでいる人がもし何かしらで行動できないのであれば相談にものりますよ

 

あなたにとって最後まで楽しい人生を送れることを願っています

広告