脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳について学ぶともっと楽しい人生を迎えるチャンスが巡ってきます

嫌なことはやらなくてもいい

「嫌なら辞めればいいじゃない」

 

こんばんは

 

嫌なことをするのは自分の能力の低さがあるか我慢をしているかのどちらかだ

 

大抵の人は、後者の我慢している人が多く前者の自分の能力の低さに気付いていない

 

こう切り出すと感情的に捉えられ炎上するかもしれないが事実を受け止めた方がいいと私は思う

 

理論、正義、根拠...本当に自分の持っている価値観は全てが正しいわけではない

 

特に会社に勤めていると嫌な事は見えてくる

事が多い。決して綺麗で道理道徳的な人生が見えているわけでもない

 

もしも会社がまっさらでなんの混じりっ気もない場所だとしよう。そうだとしたら自分はその会社に染まりきって生きれる事ができると言い切れるか

 

決してそうでもないハズ

 

何故なら自分の価値観が正しいと思っているからだ

 

自分のやりたいことがあれば苦になることは少ないはずだし楽しくて仕方ない毎日のはず

 

それなのに多くの人は依存することでリスクを避けることができると勘違いし、またいやな思いを迎えながら毎日を迎えることでしょう

 

自分の価値観が正しいと思うなら、さっさと自分の道を切り開いた方が何倍も楽しい

 

嫌な事は無理にする必要もないとわかってくる。また、多くの人は嫌なことを避けるのは我慢ができない人って決めつけている

 

正解でもあるが私は自分で道を探している人とも考えることができるし、忍耐だけが成功のステップではないと私は最近思う

 

決して楽々ステップアップしているわけじゃないが、切り替えが早ければ我慢することだけがリスクを減らすとも思わないので、是非勇気を持って決断をおすすめしたい

広告