脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳って不思議なことがいっぱい

どこがスタートでどこがゴールがわからない

いつの間にかスタートしてたりゴールしてたりすることってあったりもする

 

おはようございます

 

この前、ブログに絵を取り入れたら100アクセス以上あって嬉しかったです

 

内容はともかく嬉しかったの報告です

 

さていつもながら何かを始めようとしたときに、「いつからやろう」というのではなく自然に取り組んでいることってありませんか?日常の私生活の行動は、ほとんど毎日の事なので脳が記憶をして同じような感覚で行動することができますが、それ以外の事はどうでしょうか

例えば 勉強とかですね

 

f:id:pronyan988:20171215072116p:plain

ほとんどの人が計画的にやろうとしますよね

 

資格を取ろうとする時も同じですよね。申し込みの時がスタートで合格した時がゴールですね

 

ただ、ビジネスや投資といったことはゴールがないんです

 

ってその話はまたの機会にしますね

 

身近なことはほとんど無計画に近くても、突っ走ってやってみるのもいいかと思います

 

ほとんどの人が、リスクや無駄な時間といって行動をしない人が多いです

 

特に若い世代の人は.....って私も30代なのですが、教科書には載っていないような出来事を自らが体験することの方が年齢を重ねてからもいろいろな視野に目線を向けれて脳がより活発になります。無論、一つの事を生涯続ける何かがあればいいのですが....

 

ゴールの意識を持つというのは、達成感などが非常に意識されやすいですが、あまり悪しきを持たずずっと追いかけるような気持ちを持って生きたいですね

 

私は、同じような方向へ進むことが正しいとは思えませんよ

 

違ってもいいのです......不満がなければの話ですが

 

f:id:pronyan988:20171215073428p:plain

広告