脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳って不思議なことがいっぱい

頭の中の引き出しを整頓するようなもの

この土日を利用して部屋の片づけをしました

 

おはようございます

 

更新が開いてしまいましたね.....土日の休みを利用して部屋の片づけをしながらいろいろなことに気づき、記事にしようと思い今日は書いていきます

 

最初にデスクの引き出しに何が入っているのかを確認。よく使うものばかりはいっているので、すぐに取り出せるように物は整頓されている。しかし、普段そこまで利用頻度のない場所を片付けていると「いつ買ったの?」「今はいるのだろうか」と思うようなものがあったりとその時は必要だと思って取り入れた知識や物だとしても割と使わないことが多い。興味本位で取り組んでいることが多いということがわかる

 

ただ興味本位で取り組むのは悪くない。予備知識としてほしい時もあるだろうし。そう思うことはわかるがその中で、特に専門的な興味を示すものがあるだろうか

 

私自身も職種の傾向から専門的な知識は身についているのもあれば本をパラパラっと読んだだけの予備知識だけと頭の中の引き出しがまだらだが埋まっている

 

ただあまりにもジャンルが沢山あり予備知識の塊になってしまうと引きさしの中で整頓ができなくなり必要な時に必要な情報が的確に出せなくなり自分自身が困ってしまうので気を付けたいところである。よく皆さん言われるように1万時間の法則をクリアしたらある程度は自分に身についているはずなので、やりたいことがあれば次のステップに進んでいくとよいのではないだろうか。どうしてもやりたいことがあれば差し置いてやったほうがいい。フライングやスタートダッシュができる人は自分で自分を意識している人に多い。

 

何も肩を並べて競い合って生きるものでもないですね

広告