脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳って不思議なことがいっぱい

緊張はひとつの表現

何故緊張をしてしまうのだろうか

 

こんにちは

 

今日は風が強めに吹き寒さがより感じる1日になりそうです

 

人生の中で緊張は付き物だが一体どんな時に緊張をしてしまうのだろうか

 

多分数えきれないくらい経験したし、一度で終わってしまうこともあれば何回も体験したこともあったりと様々だろうか

 

その前に何故、緊張をしてしまうのだろうか....

 

答えの大半の1つに「自分をよく見せようとしている」からである

 

一体どういったこと?

 

例えば、面接をするときや人前で発表をすることだったり人と会話をするときだったり、日常のあらゆる場面で「失敗した自分を晒すのを防御するための心理」と言われている

 

「失敗したらどうしよう」「恥をかきたくない」「世間知らずとおもわれたくない」

など、対象が全て自分以外のなにかであるからそう思うのである

 

仕事において「きちんとやらなければならない」場面もあるがそれ以外で、自分の評価について深く考えるとかえって自分以上のものを創り上げないといけなくなるので「失敗をしてもいいんだ」というぐらいの気持ちであったほうがスムーズにいくことが多い

 

緊張感がある=仕事ができるやつとも限らない

 

なんであの人が?と思う人が成功している人は沢山いるなぜなら最初のプレッシャーをクリアしたら次のステップは既に経験済みだからそんなに力を入れなくても自分に余力が出てくる

 

緊張から避けていては何も進めないし、限られた行動の中で自分と向き合うこともできないと自身の経験から思う

あくまでも自分の価値で物事を話しているだけなので.....

 

人前で緊張をしない人は、もちろん経験もあるがいちいち他人の評価を気にしていないからできるといえる

 

鈍感なぐらいがちょうどいいと思う

 

 

広告