脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳って不思議なことがいっぱい

感動とは一体どんなものなのか

オリンピックや若手が記録を次々と塗り替えて

 

こんばんは

 

平昌オリンピックはもはや灼熱の盛り上がりを見せましたね

 

とても刺激ある一面を記憶の層に刻まさせていただきました

 

羽生選手、宇野選手、金メダル銀メダルおめでとうございます

やはり日本の方が世界で記録を残して制するって同じ日本人としてものすごく気持ちがいいものですね。感動して涙してしまいました

 

フィギアスケートの羽生選手ですが、ここ数年の彼の活躍の報道を見ていた時にあることに気づいたのですが、彼だからこそ頂点に立てるのだと気づいた発言がありました

 

「自分なりの演技ができているかどうかが重要」とのことです

 

どういったことかと言いますと、彼の場合は金メダルを取ることはもちろん前提の上なのですが、金メダル以上に自分の中で最高の力を出して演技をしているかが重要だということだそうです。自分が追い求めていている結果が、金メダルとして評価されているということだそうです。

 

私もそうですが、例えば「一番になりたい」思うじゃないですか....そして一番になったときにそれで満足してしまうことってあると思うんです。それが、普通の人が考えている思考だと思うんです。でも、彼らは違うんです....

常に高いパフォーマンスを発揮できるかが重要ですので自分が限界を迎えるまで常に戦うという姿勢があるということだと思うのです

 

好きなことで自分の満足いく結果を残せるまでやるというのは非常に大事なことだと教わりました。順位やお金ではないのですね....

 

ひたすら没頭できる環境も大事ですが、そのための覚悟が常にあるかがとても重要ですね。悔しくても前を向いてより良い結果を目指す。そういった思いが周りに影響をもたらすのですね

 

将棋の藤井君もそうですね。連勝記録もすごかったのですが、羽生竜王と戦い勝ったことは彼の中でも大きな一勝だったと思いますし、本当に好きだから続けてこれたことだと思います。今後の活躍にますます目が離せない若者達だと思います

 

おわり

広告