脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳って不思議なことがいっぱい

支点を崩さずに

支点がずれると何も得られない

 

おはようございます

 

日曜日はいかがお過ごしでしょうか

 

仕事の方もいればプライベートの時間にあてているという方まで様々だと思われます

 

さて2月も最終週に差し掛かりここの所自分の変化に気づいたことを綴ってみたいと思い今日更新することにしました

 

今年も始まり2ヵ月が過ぎようとしていますが、新年の目標を決めてから日々向上していますか?そんな問いかけを自分に向けたときに何がどうかわっているのか?と考えたときに軸となる支点がどこなのか....はっきりしているのだろうかと考えたときに常に周囲の状況に左右されてしまいずれが生じていると日々感じています

 

「一年の最初にできなかったらあともできない」と半ばあきらめていませんか?と教えられたことを思い出し、一年ができなかったら、まずは半年。それでもできなかったら3か月それでもできなかったら1か月。それでもできないなら1週間。それでもできなかったら1日にと順をを追って小さくしていくことが大事だと思います。

 

例えば、自分はこんなとことがあるから治したいと思うのなら一日という単位からでも始めることが大事なのではないかと思います。いきなり続けようと思うのには、「覚悟」を決めるという選択が求められます。何かの分野において興味を持ち続けたいことが見つかったときにどうしても人は見返りを求めてしまいます。支点がぶれていなければ同じことを続けるにしたときにも同じ気持ちで居られるようになり次のステップアップしたときにも同じような跳ね返りで効果が返ってきます。無謀ともいえる挑戦をして達成感を得られるのもいいですが、複利の力によってしっかりと跳ね返りが定着しているといいですね。今の自分にはその支点を崩さないように決めることが重要だと感じます。ほとんどの人が何かしらのことで達成できないことがあるとしたらこの部分が適用しているのではないだろうか

 

 

f:id:pronyan988:20180225113339p:plain

ではなく

f:id:pronyan988:20180225113607p:plain

跳ね返りは小さいかもしれないけどこの積み重ねがどんどん大きくしてもブレなければいつのまにか大きな力が加わっても同じように効果が表れる

広告