脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳って不思議なことがいっぱい

いきなり違う毎日を作り出す

今日の予定はどうなっていますか

 

おはようございます

 

本日のスケジュールはどうなっているのでしょうか?毎日をルーティンワークで無駄な時間を作らないこと。やりたいことをやるために時間を使っている。それともやりたくもなことに時間を取られているなど様々な人もいるでしょう。

私が思う人には2つのタイプがいると思われます。年齢を重ねるにつれて時間に縛られるような生活が増えた人もいれば子供の頃は時間に縛られ年齢を重ねるにつれて自分のやりたいことに時間を使えるようになった人もいる。この2つのパターンしかないと思っています。そして、私の場合は圧倒的に多い年齢を重ねるにつれて時間に縛られる生活を送っています。これは普通の事だとほとんどの人が思っているのです

 

こんなことありませんか?

「子供は夏休みがあっていいなあ」とうらやましく思ったりしませんか?

その反対に子供も大人も好きなことをやっていると思っていると思います

しかしどうでしょうか....大人からの意見では違います。納得のいく収入ではなくやりたくもないことに時間を使い労力を使いと言いたいわけです。これではいつまでたっても同じことを繰り返すだけです。時には大人でも弾けたいときはあるのです。

浪費をすることだけが弾けることだけではありません

例えば、電車通勤の人がいるとします

いつも同じ駅で同じ時間に降りるのではなく、あえてひとつ前の駅で降りて会社に向かってみることでも違う見方ができるわけなのです。実際に一駅の距離が長いとできないことが多いのでかえってストレスになったり会社に遅刻しそうになったりするのでお勧めできないことがほとんどです。何故ならば人間は、常に最善で安心を求めます。日常の生活においてあえてリスクをとるようなことはしたくないのです。変わらない毎日の中で刺激を求めているのです。

実はこれが脳の中に定着させてしまい行動を制御してしまうのです。そして決断力ができないようになってしまいます。

では、今から歩幅を大きくして歩いてくださいと言われても、メリットやデメリットをまず考えるでしょう。そう思ったら明日からと言わなくても今から行動できることはあります。余計なリスクを取らないことばかりが安心とも限りません。行動できない人生を送っている方が余計にリスクかもしれませんね

 

評価ばかりを気にしていると周囲にしか合わせられない自分になってしまいもったいないです。まだまだ、変えられない自分がたくさんいますが気にしていると自分の人生を楽しめなくなるのであえて行動をする毎日を送ってみたいと思います

広告