脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳って不思議なことがいっぱい

最初からできないから

何故かあれこれ考えてしまい行動できない

 

おはようございます

 

今まで何かを取り組むときにネットで口コミを知らべたり他人の意見や自分が習得した情報の知識で答えに結びつけていったりすることはないだろうか。だが、それは本当にできないことなのだろうか.....

理論的に無理だとか環境が無理だとかやってもいないのにどうしてそう言えるのか

それは、失敗するリスクに伴う感情を背負うからではないだろうか

  • 失敗したら怒られる
  • 恥ずかしい思いをするぐらいなら今のままでいい
  • 変な人だと思われる
  • 環境的に限界がある

言い出せばいろんな意見が出る。そういう私も、できない自分が沢山あったわけで今でもできないことが多い。「どうしたらできるのか」「なぜなのか」普段から疑問形を考えると答えを探そうとする

答えを探そうとするときって不思議なくらい集中できていることが多いと思う

身近で言えば物をなくしたとき探すでしょう。特に携帯電話や財布に鍵といったものは特に焦ったりして探すことでしょう

これを行動に置き換えるとすると、興味を持たなければ行動できないのは言うまでもないですが、その前にその場面に遭遇することに注目してほしい

頭が悪いから塾に行こうとするとしよう。しかし、周りに頭が悪いと思われるとかを最初から考えてしまっていることが多い

 

だから、開き直ってしまおう

 

頭が悪いから勉強をしに行くのだから自分が頭が良くなればそれでいいやって

 

物事はそれぐらいでいい。それから調整していけばいい

 

やりたいことがある人は素晴らしいと思う。そしてその決断をして行動をしてスキルを身に着けていく

 

私も、やりたいことがたくさんあるが一つ一つ後悔の無いようにやっていきたいと思う

 

このブログもその一つだ

 

おわり

広告