脳の不思議な世界へ

感じるとはどんなことなのか

毎日の中で脳は使われ続けています。脳って不思議なことがいっぱい

明日なんて来ないかもしれない

おはようございます

 

タイトルからするとなんだが寂しい風にも聞こえるかもしれないけど、決してそんな風にとらえてほしくなくて今日は記事にしてみました

 

毎日を平凡に生きている僕ですが、どこか頭の中で「もしも今日が人生の残り最後の日」だとしたら何をしているだろうか....それを意識できる日なんて、おそらく一生ないと思うのだが。毎日意識的に生きていたらなんだか消極的に生きているよな感じにしか思えない。なので時々、自分に問いを掛けてみるのがいいかもしれない。

今送っている生活は、本当に自分のやりたいことが送れている人生だろうか

周囲の環境などに惑わされてこんなのもありかな?と心を広くするのはいいけれど後悔していないだろうか

もしも一ミリでもやりたくないことがあればあえて挑戦する必要はないし、やりたいことがあればそちらを優先したほうが自分へのエネルギーにもなる

周囲と同調することで多くの人は安心する。それは仲間外れにされないからだ。

 

周囲の反感を恐れなければ自分の人生がこれほど楽しいとおもえることでしょう。

一日一日を大事に生きるってよくいいますけど、本当そうですね

 

あまり深く考えない方が心が軽くて後悔がすくなそうです。

 

今週は、どんな一週間かな....楽しみだ。今日ですら楽しみ

広告